総合電気設備工事


🔴 空調設備工事(ルーム、天カセ等)


家庭用エアコン、業務用エアコン 

各種取り扱っております。

エアコンの能力設定からレイアウトや 

設置場所など設計から施工まで

行っております。

また故障やアフターサービスはもちろん

色々な相談にも対応致しております (^^♪        


🔴 空調設備工事(ビル用マルチ等)


比較的大きな施設やビル、工場など

様々な場面で工事させていただいております

主にゼネコン様、サブコン様からの発注が

多いですが、もちろん弊社でも設計から

施工まで行っております。

また、エアコン洗浄やメンテナンスもおまかせ

下さい(^^♪

壁掛エアコン、床据付エアコン、天吊り

エアコン、天カセエアコン等室内のレイアウト

を見て最適な設計を提案させていただいて

おります。


🔴 木造配線工事(壁、天井)


主にマンションや住宅などの隠ぺい部分(壁内

天井内)の配線工事の状況です

現場によっていろいろ仕様は違いますが

『見えない部分も美しく』を心がけて

施工させていただいております(^^♪

 

←←こちらの様な図面を作成し工事しています。

 

配線工事が終わると絶縁抵抗試験、接地抵抗試験

などもしっかり行っております(^^♪


🔴 高圧受変電設備改修工事


高圧機器の改修工事から高圧ケーブル

の張り替え工事、受変電設備の設計など

さまざまな工事に対応致しております

キュービクルの設置だけではなく

電柱までの管路の埋設配管、基礎工事

フェンス工事まで行っております

高圧受変電設備改修工事に伴う

低圧電気工事はもちろん

制御工事も対応致しております(^^♪


🔴 PCB含有試験工事


PCBとは? (・・?
PCBはPoly Chlorinated Biphenyl(ポリ塩化ビフェニル)の略称で、ポリ塩化ビフェニル化合物の総称であり、なかでも、コプラナーPCBと呼ばれるものは毒性が極めて強くダイオキシン類として総称されるものの一つとされています。

 比較的に古い建物や古い電気機器などを

お使いの事業所の方は必見です。

 

 

 

◆事業所内にPCB廃棄物、PCB含有電気機器はありませんか?

 ※高圧トランス、高圧コンデンサ、蛍光灯安定器など
 
 (通称:PCB特措法)において、事業者の責務として、PCB廃棄物を自らの責任において確実かつ適正に

 処理すること及び保管状況等について毎年度届出すること等が定められています。

 

◇ PCB廃棄物問題
 PCBは電気絶縁性、不燃性などの特性によりトランス、コンデンサといった電気機器をはじめ幅広い用途に

 使用されていましたが昭和43年にカネミ油症事件が発生する等、その毒性が社会問題化し、

 昭和47年以降、製造が行われなくなりました。
 しかし、既に製造されたPCBの処理はなかなか進まず、長期に保管しなければならなかったことから、

 紛失や漏洩による環境汚染が懸念され、平成13年にPCB特措法が公布、施行されました。

 

◇ PCB廃棄物の判別方法


 ● 高濃度PCB廃棄物(トランス、コンデンサ、安定器等)銘版に記載されているメーカー、型式、

  製造年月等の情報から判別できます。


 ● 低濃度PCB廃棄物
  絶縁油のPCB分析を行い、PCB汚染の有無を確認して判別できます。

 

◇ PCB廃棄物の種類
  PCB濃度5,000mg/kg以上 → 高濃度PCB廃棄物
  PCB濃度0.5mg/kg ~5,000mg/kg+微量PCB 汚染廃電気機器 → 低濃度PCB廃棄物
※ 微量PCB 汚染廃電気機器とは
   数mg/kgから数十mg/kg程度のPCBに汚染された絶縁油を含むもの。
 

◇ PCB廃棄物の処理
  高濃度PCB廃棄物→中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)

◇ PCB廃棄物の処理期限
  高濃度PCB廃棄物→平成34年3月31日   低濃度PCB廃棄物→平成39年3月31日

 

※ 弊社ではPCB含有試験から各機関への手続き、申請はもちろん、処理、処分まで行っております

  また、PCB廃棄物の一時保管用の鉄箱の作成及び保管場所の提案などもさせて頂いております


🔴 スラブ配管工事


コンクリート造りの建物の床や壁、天井などの

中に打ち込む配管です。

この配管の中に電線を入線して最後に器具を

取り付けていきます。(^^♪

 

この工事でも『見えない部分も美しく』を心がけて

工事を行っております。(^^♪

 

夏の暑い日や冬の寒い日は

ほんとに大変なんです (^^;


🔴 換気設備工事


住宅用の小規模の換気工事から大型施設の大規模

換気工事まで幅広く対応致しております。

また、工場などでは産業用有圧換気扇(200V)

などの工事も行っております。

 

テナント工事などで多いのですが、まず図面で㎡を

計算して換気設計から行うことも少なくありません

 

また、引渡し時には測定器(風速計)などを使い

必要換気量計算(・吹出面積・平均風速・平均風量

・設計風量)をもとめ、資料としてお渡しして

おります。

 

だから安心なのです(^^♪


🔴 高圧デマンド監視装置設置工事


高圧需要家のキュービクルや電気室にデマンド監視

装置を設置していく工事を行っております。

まず、デマンド監視とは契約電力を決定する基準と なる最大デマンドを抑えることで、基本料金を

下げていきます。

電気の見える化によって、現在の電気使用状況

を監視、分析することにより

最大デマンドが下がるようコントロールしていきます

電気の見える化』によって、電気使用量が確認

できるため、電気の消し忘れや不要な使用電力を

見つけることができます

 

また、『電気の見える化』は省エネ意識をもたらし

省エネ活動を促すことができます。

 

弊社ではほぼ毎日、月に換算すると40台~50台の監視装置を取り付けております。

あわせて、以前取り付けた監視装置の保守、点検なども任せていただいております。

1年間に500台以上も取り付けてますので、その数だけの高圧需要家のお客様の月々の電気料金が下がれば

お客様にもメリットしかありませんし、また、電気の使用が減ると、温室効果ガスの削減、地球温暖化防止

などいいことばかりしかありませんね (^^♪

 

そんな小さな使命感に燃えて毎日頑張っております!!(^^♪

 

『電気の見える化』とは?


配線器具取付工事


建物内のスイッチ、コンセント等を取付る作業です。
最後の仕上げ工事なのでなかなか気を使う作業です。


防災設備工事


マンション住戸内と中央監視室とのインターホンの通話試験中です。
引き渡しまでにしっかり、丁寧にチェックを重ね、不具合、クレームが無いように努めています。